2007年06月30日

夏越の祓え

  6月30日 
 京都のほとんどの神社で
 『夏越の祓え』という神事がおこなわれます。
 これは日本最古の宗教行事といわれています。


 1月から6月の半年の
 穢れを祓って
 残り半年を無事に送れるよう
 神さんに祈る行事です。


 半紙にかたどられた形代に
 数え年と名前を書き
 息を吹きかけ、なでます。

 これを祓い清めてもらいます。

 


 また、神社には茅の輪といって
 青竹を芯にして
 茅草を巻きつけた輪が作られ、


 この輪をくぐると、
 茅萱の呪力によって
 病魔や悪いものを退けてくれます。


 古い書物には
 左足から左回りに
 3回くぐる

 と書かれているそうです。

 ところが、この左回り

 どちらの方向から
 見て左か書いてありません。

 そんな訳で
 ほとんどの神社では
 8の字を描いてくぐります。

 うまく考えたものですね。


 祓い清めた後は

 冷たいビールを
 グッと…

 ▼焼酎でもビールでも、京絵付け焼酎グラス
  http://www.utuwabiyori.com/usage/glass/index.html?070629mm

 ▼赤ちゃんの100日の祝いにお食い初め膳 家紋入れます
  http://www.utuwabiyori.com/okuizome/index.html?070629mm

 
 6月30日は氷の節句といって、宮中では氷室の氷を食べる行事がありました。
 当時、庶民には到底食べることはできない貴重なものなので
 三角のういろうに小豆をのせた『水無月』はこの氷を模したものだそうです。
 小豆は魔除けの意味があるそうです。といっても食べすぎは禁物ですよね。
 
 ・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━
 生活をたのしむ器とであう

 漆器と陶器オンラインショップ
      『うつわ日和』 

 http://www.utuwabiyori.com
 お食い初めのことなら
 http://www.utuwabiyori.com/okuizome/index.html
 http://www.shikiya.net/okuizome/okuizome.html

 オンラインショップ『うつわ日和』は
           『四季や』が運営しています
 600-8388
 京都市下京区坊門町812-6
 TEL075-203-6514
 mail: info@utuwabiyori.com
 ・・‥‥…━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━

posted by zizi at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漆の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。