2009年01月07日

『解ってたまるか!』を観に京都劇場へ

 『解ってたまるか!』を観に京都劇場へ
 
 
 市比賣神社へ御参り
 
 新年の特別祈祷を受けました
 
 
 
 
 宮司様に新年のご挨拶を終え、
 
 京都駅ビルにある
 京都劇場へ


 

 


 劇団四季の
 『解ってたまるか!』を観る


 
 金嬉老事件を題材に
 福田恆存作の喜劇
 
 文化人への批判と風刺は
 今にも通じる痛快さがあったが
 
 笑いはクスクス程度
 
 左隣の愚妻と
 右隣の女性はほとんど寝ていました
 
 劇中の言葉が難しく感じ
 
 いかに今の人間が
 よく言えば解りやすいともいえるが
 
 幼稚な言葉を操って
 会話をしているんだな思う
 
 最後はどうなるんだろうと
 とても楽しみにしていたが…
 
 ついていけませんでした
 
 というか
 
 『あっ、そうなの…』
 
 というほど淡白でした
 
 
 
 加藤敬二(ライフル魔の村木明男役)
 ファンの人は
 最初なかなか登場しないので
 
 
 でょっとストレスかも?(笑)


 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  生活を楽しむ器とであう
  ------------------------------------------------------------
  漆器と陶器のオンラインショップ
   『うつわ日和』

   運営 四季や  代表 横治 功士

   600+8388
   京都市下京区仏光寺通大宮西入る坊門町812+6
   TEL:075+203+6514 FAX:075+202+8503
   URL  http://www.utuwabiyori.com/
  
   blog
   漆の話や京都の歳時
   「四季や」店主の京のできごと
   http://shikiya.seesaa.net/

   赤ちゃんの健やかな成長を祝って
   お食い初め★ネット        
   http://okuizome.seesaa.net/

 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━□  utuwabiyori webshop  ■

posted by zizi at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。